長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」

皆さんこんにちは桜の季節が過ぎると『つつじ』が綺麗に咲く季節がやってきますね。長岡整骨院のすぐ近くには長岡天満宮という神社があります。そこには『霧島つつじ』というつつじがとてもきれいに咲いています。遠方からも足を運ばれる方も多いので、まだご覧になられていない方は是非とも一見してみてください。

 

今回は暖かくなった時に陥ってしまいやすい痛みへのリスクについてです。そのリスクとは急に体を動かしてしまう事です。運動するにしても、どこか遠くへ出かけるにしても、旅行にしても、寒い時期よりも温暖で活動しやすい時期を選ぶ方が多いと思います。逆に寒い時期というのは出来る限り身体を動かさずじっとしていたいと思う方が多いと思います。

人の筋肉というものは長い時間動かずにいると、委縮し緊張していきます。その状態が長期間続くと次第に筋肉の収縮範囲も狭くなり、関節などの可動域も小さくなってしまいます。そのような状態で急に長時間歩いたり、スポーツをしたりするとケガにつながるリスクは格段に上がります。

最近のように気温が上がり暖かい気候になって身体を動かす場合には、初めから全力を出すことは避けてください。今の自分の身体の可動域がじっとしていた間に狭くなっているのかわからないからです。以前の動きをイメージしてしまうと、現在の可動域とのギャップが生じてしまいます。そうなってしまうと、いま動かせる可動域以上に身体を動かしてしまう事になるので、自らケガを負ってしまう事になるのです。

 

久々に動くのなら初めに必ずウォームアップをして、自分がどれだけ動く事ができるのか確認をしてください。久々に遠出をされる方は、一気に移動するのではなく途中に休憩を挟むようにしてください。思った以上に冬を越えた身体はなまっていると思って慎重に動いてくださいね。

そして、もし体に痛みを感じたとしたら、直ぐに長岡整骨院で施術を受けてください。当院では身体の筋肉を整えて急に動いても痛みが出にくい身体を維持できる施術を得意としています。皆さんのご来院をこころよりお待ちしております。

長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」 PAGETOP