長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」

皆さんこんにちは!長岡整骨院です。

少しずつ暖かくなってきて、春が近づいているのを感じますね。暖かくなってくると外に出る機会が増えてきて、運動なども始められる方が多いのではないでしょうか。特にウォーキングは始めやすく、既に趣味や健康の維持、ダイエット、ストレス解消のため等でされている方も多いようです。

今回はウォーキングによる身体への効果についてのお話です。

ウォーキングはただ歩いているだけだから身体への効果はあまりない、と思われがちですが、実は歩くことで腰の痛み、肩首の痛みが治まることがある、と言われています。

身体の痛みは、多くは血行不良によって筋肉が固まってしまい、柔軟性がなくなって動かした際に痛めてしまう事が原因です。「足は第二の心臓」という言葉もあるように、ふくらはぎは動かす事でポンプのような役割を担っていて、足に溜まった血液等の体液を流す働きがあります。デスクワークだったり、立ち仕事で同じ姿勢が多かったりすると、このポンプ作用があまり働かなくなり、血液の流れが悪くなってしまうのです。

ウォーキングをすることで、ふくらはぎの筋肉が動き、足に溜まった血液を流す事ができるので血液の流れも良くなりますし、それにより固まっていた筋肉に柔軟性が戻ってきてくれて、痛みも治まりやすくなります。

今運動をされる機会があまりない方は、暖かい時期を利用して、適度に身体を動かしてみてはいかがでしょうか。これから始められる方は急に沢山の時間歩くのではなく、まずは家の近くを15分ほど歩くところから始めてみてくださいね。

それでも身体の痛みが取れない方は、長岡整骨院で施術を受けてください。当院では全身の血行を促進させる施術を得意としていますの、痛みなどには即効性が高いです。皆さんのご来院をこころよりお待ちしております。

長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」 PAGETOP