長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」

 こんにちは長岡整骨院です。今年の梅雨は長引くのでしょうか?長岡整骨院のスタッフはアウトドア派が多いので毎週末の天気で一喜一憂しています。そんな中でも、もし急に天気が変わったりした時の為に、災害に遭わない様にお互いに注意しあって身の安全には最大限に警戒して週末を迎えています。皆さんもくれぐれも注意してくださいね。

 今回はケガをした時の初期行動についてです。ケガを負った時の処置はRICE処置がたいせつといわれています。R=rest(安静)、I=icing(冷却)、C=compression(圧迫)、E=elevation(挙上)の略称で、まずは患部を動かさない様にし、氷などを使い冷やし、内出血などがある場合は圧迫して出血を止め、心臓よりも高い位置に患部を置くようにして新たな内出血が起こらないようにしていきます。

 ケガをした際にはもしかしたら、冷やす道具などが無い場合も考えられます。その時でもアイシング以外の3つは行う事ができるはずです。出来るだけ動かず、タオルなどで圧迫し、心臓よりも高い位置に患部を置きます。そのあいだに、しっかりと手当てが出来るところに速やかに移動することが大切になってきます。もし皆さんがケガをされたときに備えて覚えていてくださいね。それでも痛みが治まらない場合は長岡整骨院で施術を受けるようにしてください。皆さんのお越しをお待ちしております。

長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」 PAGETOP