長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」

皆さんこんにちは!長岡整骨院です。さて、サッカーの日本代表でアジアカップが始まりましたね。毎年見ているとワクワクする試合をしてくれますので、今回も楽しみにしています!皆さんも日本代表を応援しましょう!

 

今回ご紹介していくのは、サッカーをして足を痛めてしまった方に対しての内容です。サッカーをしていて痛めてしまう時は、ボールを蹴った瞬間や足首が捻った時です。まずボールを蹴った時に痛めてしまう所は太ももの裏(ハムストリングス)と言われる所です。ボールを蹴る瞬間にかなりパワーが入り筋肉が緊張していると、筋肉の繊維が切れてしまって痛めてしまいます。

次に多いのが足首を捻ってしまうことです。ジャンプ、走っている、動きの切り替えしで足首を捻ってしまい足首の靭帯や筋肉を痛めてしまいます。両者とも痛めてしまったら、走る事やボールを蹴る事が困難になります。

 

痛めてしまったら一番大切なのは、アイシングと安静にする事が良いです。他にも大切なのは、痛めてしまわない様に筋肉の柔軟性を付けておくことが大切です。それは、ストレッチ良いのかなと思います。

もし自分でケアが出来ないのであれば、長岡整骨院がしっかりとお身体を診させてもらいますので、お困りでしたら一度お越しください!

長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」 PAGETOP