長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」

皆さんこんにちは長岡整骨院です。早くも台風が二桁台に突入しましたね。まさに台風ラッシュで、各地には水害などが起きています。皆さんも、もしもの時のために避難経路や、避難場所の確認や。避難場所に指定されていても、その避難場所がしっかりと高所にあるのかなど、早い目に確認をしておいて身の安全の確保を最優先に出来るようにしておいてくださいね。

 

今回は隠れ熱中症についてです。熱中症の症状は、めまい・吐き気・頭の痛み・シビレなど

があげられ、重傷の時などには最悪死に至ることもあります。

しかし、このような症状が出ていなくても熱中症になっている場合もあるのです。それが『隠れ熱中症』です。隠れ熱中症は自覚症状としてはほとんど感じる症状はなく、そのまま放っておくと熱中症に進行してしまいます。強いて自覚症状を上げるとするならば、慢性的な疲労感・身体のダルさ・立ちくらみなどが挙げられるのですが、日常からの疲労と混同されやすくなります。

隠れ熱中症から逃れるためにはこまめな水分補給と、出来るだけ暑さから逃れる事です。人間の保温効果は相当なものですので、クーラーの効いた部屋に居ても体温は下がりません。たまに、氷で冷やした水などをとり、体温調節をしてくださいね。

また熱中症になった場合は、筋肉にも多大な負担が掛かります。自分がもしかしたら隠れ熱中症かな?と思ったら迷わず長岡整骨院で施術を受けて、筋肉のバランスを整えていきましょうね。

長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」 PAGETOP