長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」

みなさんこんにちは♪長岡整骨院です。

これからは夏の季節が始まり、暑い日が続いていきます。暑い時には、冷たい食べ物を食べるにつきますね!そして、冷房の効いた部屋で涼むことも夏ならではの特権ですよね。ただ、このシーズンお身体に気を付けなければならないことも多いです。今回は、冷房の効いた部屋に起こりうる危険性についてです。

夏の京都は、とても暑く湿度も高いです。日本で1番暑い気温になることもあります。ただ、冷房の効いた室内に入れば話は別です。だが、この外の気温との較差が危ないです。身体が急に冷え込むことによって、特に肩まわりの筋肉が緊張していきます。この緊張が続くことによって血液の循環を滞り、肩の痛みがでてきます。そしての脳に送る栄養血管を狭窄し、頭の痛みにも繋がっていきます。頭の痛みは不快な気持ちにもなりますし、自律神経の乱れも引き起こしていくので、普段の生活にも影響を及ぼします。こうならないために大切なことは、適度な温度を保つことです。冷房が効く部屋には、上着を一枚羽織ることやひざ掛けをもつことなど冷え込むのを防ぐ事も重要です。

これから気温も上がっていき、夏の猛暑が続きますが体調管理には気を付けていきましょう。

長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」 PAGETOP