長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」

もうすぐ京都も桜の開花が待ち遠しい季節になっていきますね。近くにある桜の木も蕾から花びらに少しずつ変わっていき、気温も心地よい暖かさになると外に出かける頻度も増えていきそうですね。気温が暖かくなると運動や行動がしやすくなると思いますので、この時期から思い切って始められる方も多いです。ジムやヨガや筋トレなど身体の為にと、身体の動きも活発になり始める良いきっかけだと思います。

ある利用者様はこの春から会社のボーリングサークルに入って、月二回のペースでされるみたいです。元々学生時代に友達と頻繁にされておられて、それを懐かしくてまたやってみようと始められました。先日のボーリングではあまりにも白熱して予定以上に追加ゲームをしたせいか翌日は肩、腕、腰など筋肉痛。

ある程度予想していましたが、次の機会までに治ればいいかなと思っておられました。でも2、3日たっても腕や肘の痛みが取れないのです。最初は筋肉痛かなと思っておられましたが、数日痛みが引かないばかりか痛みが強くなってきて、心配になって施術に来られました。

そして、施術をしていると前腕の筋肉の緊張は強いのですが、それ以外に肩関節周りの筋肉やそれを繋げている背骨も歪んでしまっていました。人の身体を支えているのは背骨なので、ここが歪んでしまうと肩の可動域や、肘の関節の動きがスムーズに動かなくなってしまい、痛みやすくなります。ボーリングも投げる時に肘だけに負担をかけるより、肩から肘、腕に連動した動きが出来れば、スムーズな身体の動きが出来るので肘の痛みは少なくなると思います。

身体の動きはしっかり構造に沿って動かすと痛みを最小減に抑えられますので、規則正しい動きが出来るように身体を根本から変えていきましょう。

長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」 PAGETOP