長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」

皆さんこんにちは長岡整骨院です。春一番が吹いてこれから暖かくなると思いきや、一転して-30℃の寒気とんでもない寒暖差ですね。当院でもこの気温差に備えて体調不良にならないように、身体を冷やさない努力を続けています。皆さんも体調にはくれぐれも注意してくださいね。

 

今回は自律神経と筋肉の関係性について説明します。自律神経は2つの神経に分けられます。交換神経と副交感神経です。交感神経は集中する時や緊張している時に優位に働きます。逆に副交感神経は寝ている時やリラックスしている時に優位に働きます。これらの2つの神経がスイッチのように切り替わることで、体の様々なバランスを取っています。

この自律神経のスイッチがうまく切り替わらない時があります。しっかりと身体を休めないといけないのに、交感神経が優位になっていて、『眠れない』や『リラックスできない』という症状が現れてきます。この原因の一つとして、首や肩周りの筋肉の緊張があげられます。副交感神経は頸椎から出ています。それが首周辺の筋肉に圧迫されて自律神経のスイッチがうまく切り替わらなくなるのです。

 

こうなってしまうと、自力での回復には大変な時間を要してしまいます。そんな時にはぜひとも当院をご利用ください。もし、あなたが今、疲れが抜けにくく感じておられたり、寝つきの悪さを感じておられたら首や肩の筋肉が原因かもしれません。

当院では首や肩の周りの筋肉のバランスを整えて、筋肉の緊張を緩める施術を得意としています。身体に疲れを感じてお悩みの方は、ぜひとも当院にお越しください。

長岡京市で根本改善なら「長岡整骨院」 PAGETOP